翻訳のお仕事と英会話教室♪

スポンサーリンク

ネイティブの英会話

翻訳の仕事は狭き門、そう安井京子さんに伺いました。

「女は英語でよみがえる」その本を書かれた先生が、”英語で仕事をしようと思わないで”というメッセージを送っていたのです。

私はその「本当のメッセージ」は引き出しにしまい、英語を使うお仕事を探し続けたのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

翻訳のお仕事スタート。英会話教室はどうしましょう!?

翻訳のお仕事をスタートし、英会話の必要性に備えオンライン英会話を始めようと思ったのですが・・・

翻訳のお仕事、求人は実際ある?

私の住んでいる富山県には製薬会社が結構ありまして、英語が出来る人材が必要とされています。東京、大阪だともっとあると思います。

ただ、既に定員が埋まっていたり、産休の代理で派遣しか求めていなかったり、既にある程度知識がある人材募集だったり。英語しかアピールポイントがなければ、地方で正社員は狭き門になってきます。

ですが、実際求人が必要な場合にはTOEIC800点超えの人材が集まらず、700点でもいいか、という感じで募集をかけているそうです。それでもなかなか英語ができる人材が来ないそうです。

私はソフトウエア販売の翻訳担当をしています。翻訳担当といってもソフトウエアのサポートも兼ねるので、じーっと翻訳ばかりやるわけではなく私には丁度いいと思っています。

英会話も必要になってくるので、これまでの努力は報われそうです。ホッ・・

英語力をアップさせた割には給料が事務と変わらないとか、正社員になれないとか、なかなか希望の仕事は見つかりませんが、ぎりぎりまで諦めず頑張りましょう!

先日訪れたネイティブのお友達の英会話教室♪

実は色々あってお友達の英会話教室へ行くことになりました。

安い価格で沢山お話できるオンライン英会話が良いと思ったのですが、色々お話させてもらい柔軟な対応をしてもらえるとの事で・・・

・翻訳の仕事に関して、意味の分からない英文が出てきたら教えてもらう。

・発音でおかしなところがあったら矯正してもらう。

・私が自分で進めている音読で発音矯正してもらう。

こういう事をお願いしました。

どれもやり取りは英語になるので、英会話は常に発生します。改めてテキストを準備しなくても、という感じ。

それに、これらはネイティブじゃないと指導が難しいので、ネイティブじゃないとできないお願いをすることにしました。

ネイティブの先生とのレッスン

早速レッスン行ってきましたよ!

現在仕事で進めているパンフレットの翻訳です。

3度ほど自分で見直しましたが、どうしても意味がつかめないところをチェックし、教えてもらいました。

ですが、、、ちょっと専門的でネイティブでもわからない箇所や、こんな言い回し英語ではしない、という箇所(元々ドイツ語なので)なんかもあり、調べるのにちょっと時間がかかる場面もありました・・・涙

まぁ、仕事上の翻訳となればそれを事前に先生側に予習してもらう事は難しいので仕方ありませんね。

そうなのか、と分かる部分もあったので良かったと思います。

ネイティブの先生の英会話は、料金もそれぞれ。

お金を支払うのであればその料金に見合った指導をして頂きたいですよね。

英検、TOEIC対策であれば日本人の先生の方が知っている可能性が高いですし、過去に受験者だったかもしれません。であれば、ハードルの超え方をきっと良く知っています。

そういうわけで、英検1級やTOEIC高得点という目標はネイティブの先生に求めないことにし、考えても理解できない英文について教えてもらう事にしたのです。

明日、11月5日、英検の面接に行く方も結構いるのではないでしょうか。

沢山の方に合格が届きますように~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。