富山にある英語教室

スポンサーリンク

富山の英語教室

「富山」「英語」で検索すると沢山の英語教室が表示されます。
富山在住の外国の方が日本人と一緒に教室をやっているというのが結構ある様ですね。

それ以外ではイーオン、ぺピーキッズ、YMCA、お母さんたちが講師を勤めるECCなど。

私が小学生の英語学習について感じているのは、どんなに早期に学習しても中学に入れば結局周りと同じレベルになってしまう、というところです。今の小学校での英語のレッスンもそうではないでしょうか。

小学生のうちに中学3年レベルまで学んた場合、中学の間は大学受験やその上へと学習を進められるなら良いのですが、結局周りの中学生と同じレベルになるのであれば、あまり意味がない気がします。

こういう理由からうちの子も外部の教室には行かせたことがありませんし、自宅で開ける英語教室について説明を聞きに言ったことがありますが、開きたいとも思いませんでした。

子供英語ではなく私のお話になりますが、私がが通いたい教室は富山には皆無です。発音教室、英検1級やTOEIC900点突破等に特化した教室、本格的な通訳・翻訳教室等です。こんな教室があったのか、と思い通ったのは 安井京子先生 の多読教室です。

多読は始めたばかりであればレベルの低い沢山の洋書が必要になるので教室に通うのが良いのですが、レベルが上がると通うより自分で洋書を買った方が安くなるので辞めてしまいました。

多読教室に通って向上した点を堂々と伝えられるような例はありませんが、息子が小学校1年生のときに半年読み聞かせをしたところ、ローマ字は教えなくても自然に分かるようになっていました。(洋書の読み聞かせだったのになぜローマ字が分かるようになったのかはよく分かりません。)小学校2年頃にはパソコンでローマ字打ちで折り紙の折り方をよく検索して作っていたのを覚えています。

多読教室は魅力的なのですが、教室に入れば個人で本を読むだけなので、ざっくりでよいのでレベル別のクラスを作り同じ本を読み進め、その本について話し合うような洋書教室であればまたモチベーションをキープでき、楽しめるかもしれませんね。いつかそんなクラスも始めたいと思っています。

とにかく沢山ある英語教室ですが、上達するには大量に単語を覚え、大量に英文を読み、大量に英語を聴くということをしないといけません。近道などありません。ビシッ!

週に一度通う程度で話せるようになるのは、そこ以外の所で自分で本腰を入れ学習しなければ遠い遠い未来になりそうです・・・

発音から学ぶ英語は比較的楽しめるし、リスニングを改めて学習する必要もなく、使える英語に直結する素敵な学習法です。富山には(周辺の県にも)口の形、舌の位置など細かく指導されている教室は他にありませんので興味をもたれましたらご連絡ください ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする