英語学習教材としてのTed、その中身も面白い!

スポンサーリンク

Ted

英語学習者の中では多くの人に見られているTed、見たことがありますか?

Tedのページを開くと、左上に Ideas worth spreading と書かれています。

そう、広める価値のあるアイディア、です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tedを活用した英語学習、色んな活用法あり

Tedとは?

Tedはアメリカにある非営利団体が開催している講演会で、2006年にネット配信を開始したことがきっかけで広まったようです。

様々な国、様々な分野の著名人、専門家、特殊な経験や特技の持ち主、一般の方等、あらゆる人がプレゼンを行います。

選ばれるのに重要になるのが、Ideas worth spreading 広める価値のあるアイディア、なのですね。

興味のあるプレゼンテーションの探し方

中級以上になると探し方にはそんなに困らないかもしれませんが、初級の方などは題名を読むところから面倒に感じる場合がありそうです。

トップページの真ん中あたりに、Languageを選べるところがあるので、「日本語」を選びましょう。他にTopicsやDurationも選べますね。

Topics・・・興味のある分野を選択できます。

Duration・・・プレゼンテーションの長さを分単位で選べます。

Ted、私の活用方法、英語学習方法

Tedでは色んな国の方がお話されますので、英語も独特のなまりがあるものも含まれます。

英語は共通語ですので、なまりのある英語も聞いてみるのも良いですね。

ネイティブではない方がスピードがゆっくりで分かりやすい場合もありますよ。

未翻訳のものもあるので、教材として選択するときは日本語訳のあるものをお勧めします!

★初級

Tedはプレゼンテーションになるので、初級の方が英語の教材として使うのは難しいですね。

ですが、日本語訳がついているものが多くありますし、内容が面白いので日本語字幕で是非見てください。

題名にあった単語でも、頻繁に出てきた単語でもよいので、記憶にとどめておけると良いと思います。

次回その単語に出会ったとき、「あの時出てきた単語」という感じで記憶に刻まれていきます。

★中級以上

いきなり中級以上に飛んでしまいました。

もう少し深く学習していきたいと思う場合は、以前紹介したパワー音読がお勧めです。

大体50語~100語で区切り、英文を完全に理解します。

15分の間に音読を繰り返します。(何かい音読できたかカウンターで数える)

これを何日か繰り返しますが、音読回数が前日より増えるよう頑張ります。

→結果暗唱となります。

発音がそっくりになるように練習しますよ!

※パワー音読についてはこちらもご参照ください。↓

中級であればプレゼンテーションの一部を試し、上級であればプレゼンテーションの全部をパワー音読。これで英語力のアップが見込まれます。

自分の見たいTedをクリックしたら、Transcript という箇所があります。

私はいつもここでEnglishを選び、テキストを印刷して学習に利用しています。

スクリプト

※紹介する予定がなかったもので、汚い字で失礼します。

英単語の増強が出来、リスニング、英会話の練習になります。

興味深かったTedの紹介、プレゼンテーションのを選ぶ参考に ♪

1. Monica Lewinsky

顔を見たときに「あれ!?」と思いました。

そう、20年近く前にアメリカのクリントン大統領と噂になった彼女です。

丁度インターネットが爆発的に普及してきている、そんな時代だったと思います。

多くの人に経験がある様な、20代のちょっとした過ちにより彼女はどこにでもいる女性から一躍「時の人」となりました。

モニカさん本人の電話での会話など、「人に聴かれたくない情報」は本人の意志とは無関係に、インターネットを通じて全世界に配信されてしまいました。

この辛い経験や精神的な苦しみについて、またインターネット上で相手を思いやることの重要さについてお話されています。

2. Suki Kim

北朝鮮で高校教師として勤務した経験についてお話されています。

同じ人間なのに北朝鮮の高校生はこんなに世界が狭いのか、、このプレゼンテーションを見て本当に同情しましたし、驚きました。

3.Jia Jiang

100日間毎日拒絶されるようなことに自ら挑戦し、そこから学んだことを紹介しています。


「やってみることの重要さ」や「失敗時の考え方の切り替えし」についてお話されています。

どれも内容に夢中になって聞いてしまうようなものばかりです。

パフォーマンスものもありますし、きっと楽しめる内容のプレゼンテーションが見つかりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。