発音の重要性

スポンサーリンク

発音の口元

4月に我が家の子供が3年生と5年生になりました。
そして、英語クラスが始まりました。

我が家では5年生の子に英語を教えており、現在迄に英検4級取得しています。
発音の重要性を強調している割には発音を教えていません・・・(^▽^;)

ですが、指導予定ですので一緒に習いたいお友達がいればご連絡ください!
(富山市在住 5年~6年)仲間がいた方が楽しく学習できると思います。

さて、トップページにも記載していますが、英語には日本語にない音があります。
単語同士がリンクし、私たちが期待する発音とは別のものになることもあります。

例:As you know…

この文字を見て私たちが期待する発音は アズユゥーノー ですよね。
ですが、実際の音は アジュノー (カタカナで無理やり書いた場合)となります。

英語を聞き取って文字にするリスニング訓練はディクテーションといわれますが、アジュノーと言っている単語が聞き取れない人が何度も繰り返し聞いた所で As you know であることは最終的に聞き取ることはできるでしょうか (文脈からは推測可能かもしれませんが)?

そして、聞き取れなかった部分の単語を見てその音が As you know なのだということを学ぶのです。

発音から学ぶとそのようにリンクする部分を発音する所から積極的に学んでいけるので、自然にリスニング力もアップするのです。

多くの人が焦点を当てて学習したことが無いと思われる発音記号ですが、発音記号の理解と理解した上での音読が、受験英語のための学習ではなく、通じる英語に繋がると思います。

発音を学んでからの音読はより楽しく、コマーシャルなんかでちょっとながれるネイティブの発音も自然と口ずさんでしまったり。発音は英語を学ぶ初期段階で是非学んで欲しいので、学校でも発音指導を取り入れてもらいたいと願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする