Leptonについて、もう少し詳細に・・英検対策は!?

スポンサーリンク

子供英語レプトン

世界で通じる英語力を身につけることを目標としたLepton、もう少し詳細にご案内したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Leptonでどれくらい学べばどのレベルに達する?英検対策は??

幼稚園や小学校低学年から週2回で始めるとTOEIC 600点程度英検2級レベル)まで学習できるます。

そうなると大学受験レベルまでに到達するので、その後の英語学習が楽になりますよね。

Leptonのコースについて、幼稚園から高校生まで!

Leptonのコースは週1回と週2回のレッスンがあります。

ですが、もちろんお薦めは週2回、英語なので週3回とかもっと通ってもいいくらいですが、現在のLeptonにはそんなコースはないかも。クラスをたくさんやっている教室であれば料金増しでやってくれるのかもしれません。

コースは以下のコースがあります。

入門編

英語に触れたことがない場合はこのコースから。ここはじっくり繰り返して学習することになります。

小学校高学年になると中学入学までに日がないですし、理解力も高いと思われるので、スピードアップして進められるかもしれません。

DOG・・・アルファベット習得

BIRD・・・フォニックス習得(英語の音に慣れる)

入門編は家である程度教えて入校させたら省ける箇所でもあるのかな、と思います。

BIRDではフォニックスを学びますが、この学習で、英単語を見たときにどんな発音になるのかある程度わかるようになります。どんなアルファベットの組み合わせでどういう音になる、という事ですね。

BIRDのテキストを見ましたが、とても良いのは沢山の単語を学べるというところです。これはやる価値ありそうです。

級編

初級はLeptonを開始した年齢が遅くても、中学入学前には終わらせたいコースになります。

これを学んでおけば中学に入ったときに抵抗なく英語を学習できるでしょう。

ROBOT・・・簡単な会話

BUTTERFLY・・・動詞を使った会話文

レッスン中にビリビリ・・テキストを破っています。テキストを破って切り貼りする箇所もあるんです。子供たちは退屈しないかもしれませんね。

英検5級レベルの学習になります。

中級編

中級編では様々な基本的な表現を学べますので、終了後には英検3級を受験できるレベルになってくると思われます。

AIRPLAIN・・・疑問文を使った英文

ROCKET・・・中2レベルの会話表現

SPACESHIP・・・1000語レベルの会話表現

私が長男の英語力を英検を基準に考えてきたので英検をものさしにして記載していますが、Lepton自体英検取得を目的としていないので、英検を受ける際にはウエブで入手できる過去問や旺文社の「7日間完成」くらいはやった方が良いでしょう。

上級編

上級になってくると、単語もずいぶん増え文法の基礎固めとリーディングを増やすことで英語力向上する、という印象です。

3級を取得済みの長男はAriesから開始しています。

Aries・・・会話文中心の文章

Leo・・・物語

Sagitarrius・・・テキストを見たことがありません

Sagitarriusはテキストを見たことがありませんが、Leptonの最終コースとなるのでここまでくるとTOEIC600点レベルという事になります。

尚、この上級コースでは4冊の文法テキストも同時に進めます。

1冊目の文法ですが、英検5級レベルの内容を復習している感じです。

レギュラーの教材と異なっているところは、日本語中心に進めるところですね。日本人なので日本語でしっかり理解するのが良いと思います。

レプトン文法

うちの長男の場合は急ぎ足で学習してきたので、簡単なところでも抜けているところがありそうです。

尚、文法教材の進め方は教室や親御さんでそれぞれで、我が家の場合は自宅で学習したいと思います。自宅で見てあげられない場合は教室にお任せで問題ありません!

うちの長男はこの教材で忘れたところを確認・復習していきたいと思います。

Leptonの先生は日本人?それともネイティブ??

教室によって日本人の先生が指導するところと、ネイティブの方が指導するところがあるようです。

レギュラーのテキストは全てCDが発音してくれ、指示もCDが出してくれます。そのため、生徒は自分で学習を進めることが出来るのです。

つまり、先生はチェックのみ。日本人の先生でも外国人の先生でも、大差ありません

自宅学習について

気にかけたいのはLeptonがない日です。

英語は言葉なので、沢山触れることが重要。一応、Leptonは繰り返しの学習となっており、学習したことは小テストで確認、テキストが1冊終われば終了テストがあるのでそこで忘れていないか確認することが出来ます。

ただ、忘れていた場合復習が必要になってきます。そこもお任せするわ~という忙しい親御さんであればお任せでも勿論問題ありません。

でも、効率的に学ばせたい場合は是非自宅での音読をやらせてあげてください。テキストを覚えるくらいになることが理想です。なかなか難しいですよね・・

例えば、ですが、Leptonがない日でも5分テキストを音読。5分内に読める回数を数える。翌日、再度挑戦。5分で読めた回数が前日の自分より多いのか。ここを勝負!!

最終的に自分の言葉として(意味を理解したい状態で)さらっと音読を繰り返した文章が出てくるようになることが理想的です。

毎回シールを張るとか、やる気を維持できる様工夫していけたら良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。