英語の文法書

スポンサーリンク

英語の辞書

次の英検で3級を受験する予定の長男が at と in の違いなど、前置詞の使い分けがよくわからないと言ってきました。

I met her in the park.

I met her at the park.

文法的にはどちらも問題がありませんね。
大量に英文を読んでいけば自然とニュアンスの違いが分かってきます。

説明としては in は広範囲の場所の「中に」、at は一点を狙い撃ちで「そこで!」といった感じでしょうか・・?

ですが、こういう説明は急に言葉にしろと言われると困難になりますが、今ではとっても良いテキストがあります。

大西先生の「一億人の英文法」です。

なくても困ることはなかったのですが、ずーっと気になっていて、本屋で手にするたびに欲しい!と思っていました。
そして、、ナント昨年のお誕生日に Joe にプレゼントしてもらいました! (^^)
ナントというほどでもない地味なプレゼントですが・・

文法書といっても読み物として読めるような堅苦しい感じのものではありません。

文法を分かっているつもりでも読んでみると なるほど! と思える事が結構あります。

おすすめの一冊です♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする