英会話学校の秘話と英語力の効果について

スポンサーリンク

大学を卒業してから正社員として英会話学校に勤務したことがあります。
今はなき「英会話のジオス」です。

平成11年頃なので、今から18年も前の話ですね。古い話ですみません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英会話学校での勤務

英会話学校の中でも就職先としてジオスを選んだ理由

私は留学の経験がありますが、留学に備えて英会話のレッスンを受けたいと思い
大学の時に友達と一緒に英会話学校巡りをしたことがあります。

その時に一番印象が良かったのが「英会話のジオス」。

マネージャーさんがまるでフライトアテンダントのように、素敵なスカーフを巻いて
親身に私たちの英語力に関する悩みや学生ならではの金銭的な問題など聞いてくれました。

「駅前留学のNOVA」は何だか事務的な印象、「イーオン」はジオスに近いけど、ジオスのほうが敷居が高い(金額が高い!)けど英語力が伸びそうと感じました。

留学を終えて帰国したときにたまたま新聞でジオスの英語講師募集の案内を見て、絶対にここに入社する!!!と決意し、英語論文も添付し万全な書類作成と完璧な面接準備を行ったのでした。

地元には英語が活かせる仕事は他に見当たらなかった、そこへこの求人が出たというわけです。

英会話のジオスでの採用試験、集団面接

この頃は丁度就職難で、なかなか希望の就職先が決まらない時代でした。

先ほども記載しましたが、特に求められていない英語論文を添付し、アピール。
通過したときはバンザイ ヽ(^o^)丿 です。

面接は名古屋での集団面接。30名程度の就職希望者が集まりました。
話によると、180名ほどの書類選考から選ばれたとの事。よし!

ちなみに面接のは当時先輩に紹介してもらった「面接の達人」という素晴らしい本で準備万端に。

流石に新刊が出ています。

この本で準備したおかげで、30名の中から3名だけが選ばれた、、その3名に入ることができました!

尚、本屋に足を運んだところこの本について「マニュアル化されている」という内容の本が就職活動コーナーに置いてありました。ですが、この本により自分なりの回答を引き出す事ができました※中谷彰宏さんの知り合いではありません。

しかも、面接の帰り道に面接担当の方から電話が入り、是非マネージャーとして採用したいとの事。素晴らしい!!素敵なスカーフを巻いて仕事するんだ~♪

同期の子は、集団面接で答えた私の答えはとても印象的できっと選考を通過すると
思ったと言っていました。周りの応募者にも熱意が伝わったんですね。

ちなみに、180名の書類選考の応募があったと聞いていたのに、別の幹部は80名だったといっていました。応募者に ”選ばれた感” を作り上げているのでしょうが、話を盛らないで欲しいです。。

過酷な英会話学校でのお仕事、”マネージャー”という仕事。

実際の仕事は、大学出たての社会を知らない若者にはとっても過酷でした。

毎日売り上げに追われ、、電話会議で皆の前で叱られ怒鳴られ
外人の先生には夜中呼び出されるわ(明日出張なのに、お金を引き出すのを忘れて困っているとか・・・事前準備しておくれ)。

アルバイトを雇ってポスター張りさせ、自分でも出向いてお願いして張る。
お願いして張らせて頂いたポスターが翌日には剥がされて別の英会話競合校のポスターにに変身していたり。。( ゚Д゚)

生徒の新規獲得、既存生徒の更新のお願い、看板の準備・・・・

時間が足りず夜は12時迄働き、お休みの日は私服で学校へ出向きお仕事。

辞めたいと漏らすと、本部から幹部がお花のプレゼントと共に送り込まれ、朝まで話し込み。

流石に両親も心配しました・・・

英会話が売れた!!

売っている英会話が生徒様に本当に役立つのかは確かではありませんでしたが、留学経験もあるので英語の学習を薦めることやアドバイスすることは比較的得意でした。

教室の日本人の先生より英語力は優っている自信があったので、自宅での英語学習については先生そっちのけで生徒さんにアドバイスしてあげていました。(嫌われるタイプの上司ですね・・)

英語の勉強を頑張りたい学生さんなんかは親が伴ってお話を聞きに来てくれると大体入学してくれます。

売り上げに関するキャンペーンが度々開催され、その利益によってはプレゼントがもらえるのですが、ある日その枠に入ることができたんです!!すごい!何貰おうか♪

・・・ところが待てど暮らせど音沙汰無し。普段売り上げがないので請求もできないし。

勿論、長くは続かず退社を決意したのでした。

会社自体が運営を辞めちゃいましたね・・

過酷な労働やパワハラが重要視されている現代社会では、売り上げに関係なく存続が難しかったと思います。海外校も持っていたし、イメージはとっても良かったのですが。

英会話学校の効果

英会話学校で英語が話せるようになるの?CMでよくあるよね!?

英会話学校で勤務していた経験があるのに、ごめんなさい・・涙。

英会話学校に通ってペラペラになったという人にこれまで出会ったことはありません。

よく、コマーシャルなんかでこんなに話せるように~みたいなことを言っているのは
恐らく自宅でしっかりお勉強された方ではないかな、と思います。

ちなみに、日常会話ができるレベルになるには3000時間の学習が必要だそうです。
(各自の記憶力や学習効率にもよるのでかなり大雑把な数字となっています。)

ジオスで一番人気のコースは1クラス2~3名、1回60分のレッスンで週2回でした。

月8回通うと、8時間。1年で96時間です。今考えるととても少ないな。。と思います。

この人気のコース、すごく高価で1か月4万円ほどかかりました。英会話がもてはやされた時代ならではですね。

インターネットでの英会話、格安で英会話習得に利用価値あり!

現在はインターネットで自宅で割安に英会話が楽しめます。
先生は海外の先生だったりするので本場の英語だし、時間もかなり融通が利きます。

それに、コースが決まっていてそのコースに従わないといけないわけではなく、
自分でテキストを指定したりも出来るので臨機応変で、自分が強化したい部分に絞って指導を依頼することができます。

英検3級狙いの場合は面接対策とか、海外留学準備であれば直前に大量に予約を入れて備えたり、発音を矯正したい場合は発音矯正のレッスンを指定したり。

私はパワー音読を沢山やってから英会話を始め、その効果を見てみたい!と思っています。

先生主導ではなく、生徒主導で希望の方向に向かっていけるのでいいですよね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。