英検準1級に必要な学習量は? 英検準1級ってどんなレベル?

スポンサーリンク

英検準1級

英検2級は高校卒業レベル、英検準1級は大学中級程度といわれています。

その差はどの程度あるのでしょう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英検準1級取得には、どの程度の学習が必要?

英検準1級は大学卒業時に取得しましたが、私にとっては大変難しいものでした。

ちなみに、高校の英語の先生でも取得者は20%に達していないそうです。

英検準1級の単語・熟語量、必須のテキスト!

私は関西外国語大学へ編入学しています。

編入学というのは短大を卒業した後、大学の3年生として入学するのです。その編入学のレベルが英検準1級といわれていました。

その為、英検準1級に的を絞り効率的に学習を進める必要がありました受験に失敗したら1年無駄になってしまいます。当時の私には失敗なんて可能性としても考えることも出来ませんでした。

そして使用した単語帳・熟語帳はこちら。勿論、大学受験にもお薦めです!!

試験に出る英単語です。

試験に出る英熟語です。

英検用のテキストではありませんが、こちらのテキストをすべて死に物狂いで丸暗記しました。この2冊を完璧にすることで、単熟語は飛躍的に伸びました。

英単語、熟語の量を増やすことはととっても重要です。

文法を必死で覚えても、出てきた単語の意味が分からないものばかりであれば当然文章の意味はつかめません。

ちなみに私は単語帳を買ってくるとすぐに、いつもこうやって↓100個づつ色付けしています。これは英検1級のパス単、200個づつ色付けしています。

英検単語帳参考

誰に言われたわけでもないのですが、100個づつ目を通した後テキストがどの程度進んだか、パッと分かるからです。

ページ数で進度を把握するより、パッと見で分かるから進めやすいです。

英検準1級ともなると、その壁は険しいものになりますので、単語帳・熟語帳の暗記は必要です。ちなみにこの2冊を私は5か月間で完璧にしました。

編入学と英検準1級取得に向けた構文の習得

超有名な「即戦ゼミ」ですね。

このテキストは大学受験の時に使いましたし、私的にはもう頭に入っていると思っていました。

ですが、実際手に取ってみると結構忘れていたので再度購入しなおしです。

完璧に暗記できるまで繰り返ししました。こちらも大学受験・英検準1級受験には絶対に習得して欲しい1冊です。

構文を沢山覚えておくことで、よく使われる言い回しを学ぶことが出来ます。

英単語・熟語・構文の貯金が増えれば増えるほど長文を読むのも楽になります。

編入学と英検準1級の読解対策

読解対策のテキストはこれ1冊です。

これも大学受験生の間で有名すぎます。

とてもレベルが高く、質の高い1冊「英文標準問題精講」。

読んでも意味を把握しにくく、和訳してみるととても訳しにくく、私も最初はギブアップして

分からないところは適当に(ほどほどに)し、記載されている説明を確認し、復習に重点を置いていました。

どの文章も読んだらすぐに意味が分かるくらいに読み込みます。

英単語と熟語以外は大学受験の時に使っていましたが、編入学(準1級レベル)のテキストとして編入学家庭教師のプロの方が必須とおっしゃってたので、信じて使いこみました。

「これをやれば絶対に合格できる」という信念がないと、人間なかなかそのテキストを完璧に仕上げるという事ができませんよね。

英検準1級と編入学試験受験の結果

私の受験結果は・・・

編入学・・・合格

英検準1級・・・不合格

となりました。

どのテキストもかなり完璧に仕上げてこの状況です。

これだけテキストを完璧にして英語力をアップさせたのに、英検準1級が不合格になるとは自分でも驚きました。

英検2級取得時と比較すると、英語力は総合的にかなりアップしたに違いありません

英検準1級取得は結局・・・

大学編入学後1年間留学し、その後の受験で合格となりました。

留学先では、大学の授業が満足に聴きとれず、毎回授業を録音しディクテーション。

ディクテーションといっても「何言ってるかわかりましぇーん」な場所は、回答があるわけではないので不明なままです。授業を録音しただけなので・・・

基本的にアジア人といることが多かったので、ネイティブの英語にどっぷりというわけではありませんでした。

それでも1年間の留学は大きいですよね。英検準1級は対策せず合格となりました。

今回も不合格かな、という感覚でした。

前回英検用に対策していればもしかしたら結果は変わっていたのかも・・・しれません。

英検準1級についてまとめ

私も今は英検1級合格を目指しているので、合格者の方のブログを拝見することは度々あります。

ですが、、2級合格から3か月で英検準1級を取得した、とか記載してあるのを見ると本当に驚きです。そんな短期で合格できるなんて、絶対に普通の人より記憶力があるとしか考えられません。。。(私の考えでは)

2016年2月に行われた教員対象の調査によると、先に記載した通り高校英語教員の英検準1級取得率19.60%だったそうです。

高校終了レベルは英検2級なので、英検準1級を取得する必要はないとはいえ、先に書いた通り受験に使うテキストはレベル的には英検準1級も目指せるようなレベルです。

英検準1級を持っていないと指導できないわけではないですが、取得率の低さに驚きます。

私の経験から分かるように、英検2級取得と比較するとかなり大幅な英語力の向上が必要となりますが、英検準1級はネイティブが頻繁に使うレベルの英語になるため、この先英語を介して世界を広げたい方には是非取得して頂きたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする